C/C++ 入門

ホーム > C 言語開発環境 > C 言語とは?

C 言語とは?

スポンサーリンク

C 言語は 1972 年にアメリカの AT & T ベル研究所で開発されたプログラミング言語です。

手続き型言語 (Procedural programming) で、一連のプログラムを関数という形式でまとめることができ、 それをプログラムのさまざまな場所から呼び出すことが可能です。C 言語はコンパイル言語です。ソースコードをコンパイルして実行可能コードを生成してプログラムを実行します。

C 言語は自由度が高く、オペレーティングシステムを記述するためにも利用されますし、さまざまな環境で実行されるプログラムを記述することにも使われます。

アセンブラとの親和性が高く、必要な箇所だけインラインアセンブラを利用して高速なコードを記述するなども行われます。

柔軟性が高く何でもできる反面、しばしば生成後のプログラムの安全性が問題になることもあります。「諸刃の剣」 というわけです。

Windows、Linux などの PC だけではなく、組み込み用マイコン、大型コンピュータなどさまざまな環境で利用されています。このため現在でも利用者が非常に多い言語です。

また、Windows などの OS の API は C 言語の関数という形で公開されることが多く、OS に近いシステムプログラミングを行う場合にはC言語を利用するのが最も効率が良いでしょう。

スポンサーリンク
ホーム > C 言語開発環境 > C 言語とは?